ビットコイン取引所の口座開設する方法は?

更新

ビットコインなどの仮想通貨に投資をお考えの場合、取引所を利用するために必要な口座開設では、どのような手続きや書類が必要なのでしょうか?初めて仮想通貨に投資する方向けに、取引所の選び方と口座開設手続きの方法についてご紹介します。

仮想通貨の取引所はどうやって選ぶ?

日本国内では、仮想通貨の取引所を開設するために金融庁の認可が必要となります。

そのため、日本国内の取引所を利用する場合は、まず金融庁の認可を受けた事業者が運用している取引所を選びましょう。

2017年10月現在、認可を受けていない事業者でも、申請さえ行っていれば猶予期間として営業が認められています。

しかし、猶予期間が過ぎても認可がおりなかった場合、営業を続けていくことができません。

今から取引所を選ぶなら、既に認可を受けている取引所を選んだ方が安心と言えます。

2017年10月現在、認可を受けている事業者は、テレビCMでよく見かける「Bitflyer」や、SBI銀行系列の「SBIバーチャルカレンシーズ」など11社。

国の認可を受けているため、基本的にはどの事業者も安心感が高いと言えます。

どの取引所を利用するかは、サービスの内容やサイトの使いやすさ、対応したコインなどを比較して選ぶと良いでしょう。

取引所ではFX投資も行うことができる

取引所では、手持ちのビットコインや法定通貨をそのまま売買する現物取引の他に、担保を用意して元金より大きな額で取引を行うFXにも対応しています。

FXでは、元金から何倍の額を扱えるかをレバレッジといい、レバレッジが大きい取引所を利用すれば、少ない元手で大きな利益を狙うことも可能です。

ただ、FXでは損失が起きた際に不足金を用意しなければいけないため、レバレッジが大きすぎると破産してしまうこともあります。

FXは元手が少なくても利益を出せるシステムですが、リスクもそれだけ大きいため、投資の際には無理の無い額で利用してください。

仮想通貨取引所の口座から自分の口座に送金することはできる?

仮想通貨に投資する場合、最も気になるのが自分の銀行口座に売買で得た利益を送金することができるかどうかだと思います。

取引所で得られた利益については、法定通貨なら問題無く銀行の個人口座に送金することが可能です。

また、売買によって入手した仮想通貨についても、仮想通貨用の個人口座、ビットコインウォレットなどに送金することができます。

取引所の口座に大金を預けておくのは多少不安ではありますが、日本の取引所は国の認可を受けて営業しているため、海外の取引所と比較すると安心感が違います。

細かく入出金して自分の口座で管理するのも良いですが、送金による手数料を抑えたいなら、ある程度の額までは取引所の口座に預けておいた方が良いでしょう。

ビットコインの秘密鍵は取引所が管理している点に注意

ビットコインなどの暗号通貨は、取引の際に秘密鍵というパスワードのような文字列を用いてやりとりを行います。

そのため、該当する秘密鍵を知っていれば、自由にビットコインをやりとりが可能です。

しかし、取引所を利用してビットコインの売買を行う際には、所有するビットコインの暗号鍵は取引所が管理することになります。

これは、取引を円滑に行うために用いられている仕組みなのですが、もし取引所に何らかのトラブルが発生してサービス停止となった場合、ビットコインなどの暗号通貨を動かすことができなくなるということでもあるのです。

日本国内にある取引所なら、取引所の破綻や不正によって仮想通貨を失ってしまう可能性は低く、安心感があるといえますが、ハッキングによって勝手に送金されてしまうというリスクはついて回ります。

送金には手数料がかかりますし、取引所の口座に入金する際には処理に多少時間がかかるため、価格変動に迅速に対応するためには口座に預けておいた方が便利です。

ですが、リスクをできる限り抑えつつ運用を行いたいという方は手元で暗号通貨を管理した方が良いでしょう。

取引所で口座を開設する方法

取引所に口座を開設する場合、まず用意しておく必要があるのが身分証明書です。

写真入りの身分証明書が必要となるため、運転免許証などを用意しておきましょう。

登録方法自体はどの取引所もほとんど同じで、公式サイトから新規登録に進み、メールアドレスとパスワードを入力、送られてきたメールに記載されたURLにアクセスして、後は個人情報を入力すれば完了です。

身分証明書の提出についても、スマートフォンのカメラなどで撮影して提出することができるため、手続きのために書類を送付する必要はありません。

ネット上での手続きに不安があり、書面でやりとりしたいという場合には、申請書をダウンロードし、郵送で申し込むこともできます。

ただ、正式に取引を開始できるのは、身分証明書の確認後となりますので、できるだけ早く取引を行いたいという方は、ネット経由で身分証明書を提出した方が良いでしょう。

ちなみにですが、どの取引所も無料で口座が開設できるので、試しに登録してみるのも良いかもしれません。

身分証明書以外に口座開設に必要なものはある?

基本的に身分証明書があれば口座を開設することはできますが、使い勝手を考えるとただ口座を開設しただけでは不十分です。

取引所で仮想通貨や暗号通貨の売買を行うためには、まず日本円などの法定通貨を取引所の口座に入金しなければいけません。

入金の際には、クレジットカードや銀行振込、Pay-easyなどの方法が利用できますが、入金手数料などが必要となるため、できれば手数料が無料の銀行に口座を作っておくと、余計な出費を抑えることができます。

また、取引所の口座への入金や、取引所からの送金にすぐに対応及び確認できるよう、ネット銀行に口座を作っておくのも便利です。

取引所の開設も予定している住信SBIネット銀行なら、銀行振込の手数料が無料ですので、頻繁に入出金を行うという方におすすめとなっています。

SBIバーチャルカレンシーズに口座を開設することはできる?

認可を受けた事業者は既に取引所や販売所を開設しているところが多いのですが、SBIバーチャルカレンシーズはまだ取引所も販売所も開設していません。

2017年10月より、仮想通貨取引口座の先行予約が実施されているため、あらかじめ予約をしておくことは可能ですが、開設手続きは正式にサービスがスタートされてからです。

この状況では、SBIバーチャルカレンシーズに口座の予約を行う意味は少ないように思えますが、SBIバーチャルカレンシーズはオリジナルの仮想通貨を運用していくと発表しており、日本発の大型仮想通貨として注目されています。

そのため、早い段階で口座を開設しておくことで比較的安価に新通貨を購入でき、将来的に大きな利益を得ることができるかもしれません。

新しい通貨の価値が高まるかどうかはまだ誰にもわかりませんが、新規上場した株と同じく、公開後は一時的に値上がりする可能性は高いと思われます。

投資としてのリスクは多少ありますが、大きな利益を得られる可能性が高いので、あらかじめ口座を用意して販売開始に備えておくと良いでしょう。

予約方法は、公式サイトの「Topics」から10月5日付けのリリース「仮想通貨取引口座開設の先行予約受付を開始しました」を選択し、リリース内の「先行予約」ボタンをクリック、後はメールと名前を入力するだけとなります。

参考になったらこの記事をシェア!
Hatena Bookmark
仮想通貨ポータルに「いいね!」をして情報を受け取ろう