SBIでのビットコインの購入方法は?買い方を解説します!

SBIでのビットコインの購入方法は?買い方を解説します!

ビットコインなどの仮想通貨を入手する方法

投資目的などで仮想通貨を手に入れる場合、どのような方法があるのでしょうか?

仮想通貨の入手には、マイニングを行って手に入れる方法と、取引所で法定通貨を用いて購入する方法とがあります。

マイニングの場合は、暗号通貨の取引処理を手伝うことでコインを得ることができますが、安定して入手するための敷居が高く、気軽に暗号通貨に投資したいという方には向いていません。

仮想通貨に投資して利益を得たいという場合には、取引所を利用した方が安定して入手することができるでしょう。

取引所におけるビットコインの買い方

取引所でのビットコインの買い方は、まず各取引所に取引口座を開設し、購入したい暗号通貨と数量を選択、後は現実通貨で決済するという流れになります。

投資というと様々な手続きや買い方があるため、複雑に思えるかもしれませんが、仮想通貨の購入方法はネット通販とそれほど変わりません。

入金方法と取引所のアカウントさえあれば簡単に暗号通貨を購入することができますし、取引所でのアカウント開設も、身分証明書と銀行の口座があれば簡単に開設することができます。

購入価格も少額から対応していますので、試しに購入してみたいという方にもおすすめです。

取引所を経由しない買い方もある

仮想通貨は取引所で購入する以外にも、「OTC取引」というユーザー間で直接やりとりする購入方法もあります。

OTC取引は直接ユーザー間でやりとりを行うため、取引所に手数料を支払う必要がなく、値段についても双方の合意さえあれば自由に決めることができるのがメリットです。

ただ、OTC取引は個人間の取引となってしまうため、取引そのものが保証されないという危険もあります。

詐欺にあうリスクも考えられますので、仮想通貨の取引はできるだけ取引所を利用した方が良いでしょう。

なぜ住信SBIネット銀行は仮想通貨の取引に有利なのか

ビットコインを法定通貨で購入するためには、取引所を利用した取引が一般的です。

取引所での購入方法には、銀行振込、Pay-easyを利用したクイック入金、VISAとMASTERカードによるクレジットカード決済が対応しており、どの取引でも一定額の手数料が必要となります。

ただし、銀行振込による取引の場合は、銀行に支払う振込手数料のみとなるため、同じ銀行から振り込めば手数料がかかりません。

2017年現在、日本にある取引所では住信SBIネット銀行の口座を振込口座として指定しており、住信SBIネット銀行の口座から銀行振込を行えば手数料を抑えることができるでしょう。

住信SBIネット銀行で銀行振込を利用すれば手数料を抑えられますが、ひとつ注意しなければいけないことがあります。

クイック入金及びクレジットカード決済の場合はすぐに入金が確認されますが、銀行の場合は15時を超えた場合や、土日に手続きを行った場合、翌営業日の取り扱いになる可能性あります。

しかし、住信SBIネット銀行の口座からの入金については、基本的に土日も入金処理が行われるため、銀行振込でもある程度早く入金することができるでしょう。

ですので、ビットコインなどの仮想通貨に投資する際には、あらかじめSBIネット銀行で口座を作っておくと便利です。

住信SBIネット銀行で口座を作る方法

SBIネット銀行で口座を作成する方法は、オンラインで申し込む方法と郵送で申し込む方法があります。

オンラインの場合は、アカウントやパスワードなどの必要事項をブラウザ経由で記入して送信、口座開設手続き完了及びカード配送の連絡が来たら、後はカードを受け取って完了です。

カードの配達については、本人限定受取郵便となりますので、受け取りの際には顔写真入りの身分証明書を用意しておきましょう。

郵送での申し込みの場合は、必要事項をネットで記入した後、書類を印刷、または送られてきた書類に手書きで情報を記載し、本人確認書類のコピーを郵送して手続きを行います。

こちらも、手続きに不備がなければ、後日カードが郵送されてきますが、オンラインの場合と違い、書留郵便での配達です。

後は住信SBIネット銀行のサイトで初期設定を行えば取引が可能となります。

ちなみに、SBIで口座及び証券口座を開設すると、「SBIポイント」という独自のポイントが付与されます。

このSBIポイントは、さまざまなサービスを受けたり、現金やマイルなどに変換したりすることができるお得なシステムです。

仮想通貨以外の投資を考えているという方はSBI証券の口座と同時にネット口座を開設すれば追加でSBIポイントを獲得することができますので、この機会に作成しておくと良いでしょう。

SBIで直接ビットコインを取引することはできる?

2017年現在、SBIではまだビットコインなどの仮想通貨の取引はできません。

ですが、SBIはすでに「SBIバーチャルカレンシーズ」という仮想通貨の取引を行う子会社を設立しています。

そのため、近い将来SBIで直接ビットコインなどの仮想通貨を取引することができるでしょう。

また、SBIでは「SBIコイン」という独自の暗号通貨の開発も行っています。

SBIホールディングスは、銀行以外にSBI証券などの投資関連企業も持っているため、将来的には仮想通貨を用いた投資などにも対応するとみられており、日本発の大型仮想通貨となる可能性もあるのです。

この流れに乗り遅れないよう、早めにSBIネット銀行とSBI証券に口座を作成し、SBIコインに投資できるよう準備しておくのも良いかもしれません。