コインチェック(Coincheck)でのビットコインの買い方は?

コインチェック(Coincheck)でのビットコインの買い方は?

※2018年1月26日にコインチェックがハッキング被害にあいました。詳しくは下記の記事をご覧ください。

コインチェックでのビットコインの購入方法

コインチェックで仮想通貨であるビットコインを買うためには、どうしたらいいのでしょうか?

コインチェックのアカウントの作り方

コインチェックでビットコインなどの仮想通貨を購入する場合、まずはコインチェックで自分のアカウントを作る必要があります。

初めにコインチェックのホームページにアクセスし、メールアドレスの登録とパスワードの設定をします。なお、ここでFacebookのアカウントをお持ちであればFacebook経由でアカウントを作ることもできます。

メールアドレスの登録などが完了したら、コインチェックから確認メールが送られてきます。メールが送られてきたらメールに記載されているURLをクリックしましょう。

URLをクリックしてコインチェックのページを開くことができたらひとまずアカウントの作成は完了です。しかし、アカウントを作成しただけでは仮想通貨の取引は出来ません。次に本人確認を行う必要があります。

本人確認の流れ

本人確認は1つだけでなく、いくつかのステップに分類されています。

まずはSMS認証による本人確認です。これは自分の電話番号を入力して送信します。そうすると6桁の数字が記載されたショートメールが送られてきます。送られてきたら、画面の認証コードの欄に6桁の数字を入力します。

その数字を入力したら画面の「認証する」と書かれたボタンをクリックします。これでSMS認証は完了です。

次に、本人確認書類の提出による本人確認です。ここではまず画面に自分の氏名や住所、性別や生年月日をそれぞれ入力します。

それらの入力が済んだら、本人確認書類をアップロードします。本人確認書類とは運転免許証やパスポート、住民基本台帳カードなどのことを指します。当記事では運転免許証を例に挙げて記述します。

具体的には3枚の写真を画面からアップロードする必要があります。1枚目は自分の顔と運転免許証が1枚の写真に収まるように撮影します。2枚目は運転免許証の表面、3枚目は裏面を撮影し、アップロードします。

このアップロードを終えると、あとはコインチェックから送られてくるはがきを待つのみとなります。はがきが届き次第、本人確認が全て完了となります。はがきは1週間前後で到着すると思います。

また、コインチェックの口座に入出金するために、自分の口座情報を早めに登録しておくとその後スムーズに取引ができます。これは画面の「預金通帳確認」から登録することが可能です。

この「預金通帳確認」も本人確認書類と同じように入力フォームに従って自分の情報を入力すれば完了です。

コインチェックでの実際の買い方

実際にコインチェックで仮想通貨を売買するとき、どのような買い方があるのでしょうか?

まず1つ目の購入方法は、画面上部の「ウォレット」をクリックし、その中の「コインを買う」をクリックして購入する方法です。この買い方は、コインチェックを仮想通貨の販売所として利用したものです。

実際に買う場合には、自分の買いたい通貨やその数量を入力し、最後に画面下部の「購入する」をクリックすれば画面に表示されている価格で購入したことになり、取引完了となります。

2つ目の購入方法は画面上部の「取引所」をクリックし、その中の「現物取引」で購入する方法です。現物取引とは自分のお金をそのまま仮想通貨に換えることです。そして、この買い方はいわゆるOTC取引によるものです。

OTC取引とは売り手と買い手が、コインチェックなどの会社に干渉されることなく直接取引することを指します。つまり、取引の当事者間で数量や価格などを決めることができるのです。

実際にこの方法で購入するには、買いたい価格や数量を入力し、「注文する」をクリックすれば注文完了です。そして、その注文に対して売りの注文を出している人がいれば約定となり、取引成立となります。

ちなみにOTC取引である取引所を利用して購入した方が販売所で購入するよりも値段が安くなる場合が多いです。なぜなら販売所で買う場合には、販売所の利益分として通常既に値段が高く設定されているからです。

取引所で購入する場合にも手数料はかかりますが、販売所ほど高くはありません。手数料については後述します。

また、「ウォレット」をクリックして「クレジットカードで買う」を選択してビットコインを購入する方法もあります。これは1つ目の買い方と似ています。

他の購入方法として、取引所のレバレッジ取引もありますが、これは現物取引に比べてリスクが高く、やや複雑ですのでここでは割愛させて頂きます。

このように購入方法にも様々な種類があります。それぞれの購入方法の特徴を把握して、自分に適した購入方法を見つけることが大切です。

購入の際の手数料と入金方法について

取引所で購入した場合の手数料はどのくらいかかるのでしょうか?また、口座に入金するにはどうしたら良いのでしょうか?

まず手数料ですが、手数料にも様々な種類があります。主に入出金手数料や送金手数料、取引所手数料があります。

1つ目の入出金手数料は自分の口座に対してお金の出し入れをする時に発生する手数料のことです。入金の際は、日本円ならば無料、米ドルならば25ドルとなっています。

なお、この際に別途振込手数料が発生する場合、その振込手数料は自己負担となっているので注意してください。

しかし、出金する際には日本円の場合は400円、米ドルの場合は2500円の手数料が発生します。入金と出金では金額が異なっている点に注意が必要です。

その他、クイック入金とコンビニ入金の場合は入金する額に応じて手数料が変動します。

入金する額が3万円未満の場合は756円、3万円以上50万円未満は1000円、50万円以上の場合は入金額×0.108%+486円と細かく区分されています。

2つ目の送金手数料とは、自分の口座から他の人の口座に仮想通貨を移動させる時に発生する手数料のことです。この料金は送金する仮想通貨によって違います。

代表的な仮想通貨を例に挙げると、ビットコインの場合は0.0005BTC、アルトコインのイーサリアムは0.01ETHとなっています。

3つ目の取引所手数料とは、取引所を利用した売買の時に発生する手数料のことです。

この取引所手数料は、コインチェックでは現在無料となっています。しかし、これは永久に無料ではないようです。

もし無料の期間が終了する場合は、終了する2週間前にはその旨がホームページなどで告知されるようなので、日頃から確認しておくと良いかもしれません。

コインチェックでの取引量や最低取引単位

コインチェックの取引量は全体の中でどの程度なのでしょうか?また、最低取引単位はどのように設定されているのでしょうか?

取引量について

コインチェックの取引量についてですが、2017年9月30日のデータ(CryptoCompare)を参照するとコインチェックはBTC/JPY(ビットコインと円の取引)でおよそ18%のシェアを有しています。

これは1位のbitFlyerFXに次いで2位のシェアを誇っています。シェアが大きいということは基盤がしっかりしているという点にも関係してくるため、その点はかなり安心できると言えるかもしれません。

コインチェックの特徴として、他の取引所と比べてビットコインだけでなくアルトコインの取扱量や取引量も多いため、そのような点もコインチェックの魅力の1つでしょう。

最低取引単位

コインチェックの最低取引単位ですが、コインチェックの販売所を利用した場合、ビットコインの最低取引単位は0.005からになります。

これは他の仮想通貨を取り扱っている会社に比べると高い数字かもしれません。他の仮想通貨を取り扱っている会社の例を挙げると、bitFlyerでは0.001から、Zaifなど0.0001からのところもあります。

ただ、あまり大きな差ではありませんので、トレードスタイル、投資スタイルにもよりますがそれほど気にしなくても良いかもしれません。

また、クレジットカードで購入する場合ですが、その場合は最低取引額が5000円からになります。
販売所で購入する場合と比較して最低取引額が異なりますので、クレジットカードで購入される方は注意が必要です。

なお、取引量のシェアの割合は短期間で大きく上下することは考えにくいですが、最低取引単位や最低取引額は突然変更されることがあるかもしれません。

その場合も何らかの事前告知はあると思いますが、変更される可能性があるということは知っておいたほうが良いでしょう。

また、そのような場合に備えるためにも、定期的にホームページや自分のアカウントにログインするなどして、新しい情報を自分でチェックすることが大切だと感じます。

コインチェックで口座を開設する>>