ビットコイン取引所の仕組みは?

ビットコイン取引所の仕組みは?

ビットコインの基本的な仕組みと決済方法

取引所の仕組みを知る前に、まずは基本的なビットコインの仕組みをご紹介しておきます。

ビットコインは、ブロックチェーンという技術を用いて運用された通貨の1種です。

アルトコインやイーサリアムなど、ブロックチェーン技術を用いた仮想通貨(暗号通貨)は様々なものがリリースされており、それぞれの通貨ごとにマイニングや取引が行われています。

暗号通貨の基本となるブロックチェーンとは、日本語で分散型台帳技術とも言われており、暗号通貨を利用するユーザー全てに取引台帳が配布される仕組みのことです。

ブロックチェーンを用いることで、法定通貨の取引のように銀行が取引台帳を保持するのでは無く、参加ユーザー全てが暗号通貨の取引台帳を保持しています。

そのため、決済や送金などの取引内容の整合性チェックや処理についても、ユーザーが処理を分担して担当する仕組みが用いられているのです。

ですので、仮想通貨の取引では、銀行などの金融機関による処理は必要ありません。

ちなみに、この決済承認処理では、最初に処理を成功させたユーザーに報酬が支払われる仕組みも導入されており、この報酬を狙って処理を行うことをマイニングと言います。

世界中のユーザーの協力の下、迅速な決済と整合性チェックが行われているのが暗号通貨の基本的な仕組みというわけです。

ビットコインの取引では基本的に仲介業者は必要無い

コインを所持するユーザーが決済や取引を申請し、ユーザーが処理をすることで動くのが仮想通貨のシステムのため、基本的に取引所のような仕組みは無くても問題無く取引を行うことができます。

そのため、売りたいユーザーと買いたいユーザーさえマッチできれば取引所は必要無いのです。

ですが、売り手はできるだけ高く売りたいですし、買い手はできる限り安く買いたいため、個人で売買相手を探しても、なかなか売買は成立しないでしょう。

そこで、数多くのユーザーを集める市場としての役割を形成することにより、売買を成立しやすくするために産まれたのが取引所というわけです。

取引所の仕組みと利益構造

ビットコインなどの取引所では、オークションのようなトレードが行われています。

買い手と売り手の双方が価格を決め、買い手が売り手の提示価格に合わせるか、売り手が買い手の提示価格に合わせることによって価格差が無くなった場合、トレードが行われるという仕組みです。

ただ、売買は市場で最高値の場合のみ処理されるため、例えば1BTCを40万円で売りたいユーザーと、39万円で売りたいユーザーが居た場合、40万円の方が先に処理されます。

そのため、買い手が多ければ高い値段を付けても売れやすくなるでしょうし、売り手が多ければ高くても売れないため、値段を下げなければいけません。

この取引価格の変動を上手く利用し、価格差で儲けを出そうというのが仮想通貨での投資の仕組みとなります。

取引所では、これらの投資家同士の取引を仲介する役割を行っていますが、どうやって儲けを出しているのでしょうか?

仮想通貨の取引の場合、取引所は基本的に場所を提供する役割のみを担っており、仮想通貨の売買による価格差で利益は得ていません。

取引所では、1度のトレードごとに手数料がかかる仕組みが用いられており、この手数料が取引所の主な収入源となります。

また、売買以外にも、個人の口座に仮想通貨を送金する際の手数料も取引所の収入です。

つまり、取引所が儲けるためには、多くの投資家を自社のシステムに呼び込み、活発な売買と、送金を行って貰うことが重要なのです。

取引所の設立方法について

日本の場合、仮想通貨の取引所を設立するためには、金融庁の仮想通貨交換業者として登録された事業者となる必要があります。

登録事業者になるためには、運営会社の財政状況や運用体制だけではなく、取り扱っている仮想通貨の信頼性、健全性も重要です。

そのため、2017年現在登録事業者として金融庁の仮想通貨交換業者一覧に登録されている企業を見てみると、財政面や金融取引のノウハウを持つ銀行系や大手企業のバックアップを受けた会社が多くなっています。

ですが、自社でシステムを整えて申請を行い、認可を受けて取引所を設立した登録事業者も存在するため、初回の認可に間に合わなかった独立系企業による参入もこれから増えていくかもしれません。

仮想通貨交換業者、認可を受けた取引所が増えることにより、登録事業者によるユーザーの奪い合いが発生し、よりユーザーに恩恵のあるサービスが実施されることが予想されます。

また、登録事業者として認可を受けている以上、取引所の問題によってユーザーが損失をうける危険も少なくなるでしょう。