フィスコ仮想通貨取引所の評判は?手数料やアプリなど徹底解説!

フィスコ仮想通貨取引所とは?

超智直樹CEOが率いるフィスコ仮想通貨取引所は2016年4月12日に開設された取引所で、株式会社フィスコが運営しています。

フィスコ仮想通貨取引所の評判は?メリットとデメリットを解説

フィスコ仮想通貨取引所は上場企業が運営していたり、企業トークンの取引が行えるなど他の取引所とは違った特徴があります。しかし、あまり知名度が高くなく、使いづらい点もあるようです。ここでは、フィスコ仮想通貨取引所のメリットとデメリットをご紹介します。

フィスコのメリット

フィスコ仮想通貨取引所を使用するメリットは以下のような理由が挙げられます。

「販売所」「取引所」どちらも設置

フィスコでは、販売所と取引所の両方が設置されているため、初心者から上級者まで幅広く対応できる仮想通貨取引所になっています。

取引手数料が無料

フィスコではトークン取引とビットコインキャッシュを除いて取引手数料が無料です。

上場企業運営

フィスコ仮想通貨取引所は、上場会社である株式会社フィスコが運営している取引所です。そのため、信頼のある取引所として評判が高いです。

モナコインに力を入れている

フィスコ取引所で取り扱われている仮想通貨は3種類で、そのうち一つがモナコインです。モナコインを取り扱っている国内取引所は5つだけなので、その力の入れ具合が伺えます。

フィスコのデメリット

新しい取引所ということもあり、以下のようなデメリットも存在します。

取り扱い通貨が少ない

取り扱い仮想通貨は3種類とトークン3種類になっており、珍しいトークンを取引できる利点はありますが、多くの仮想通貨取引を行いたいユーザーにとっては物足りない取り扱い数になっています。

フィスコ仮想通貨取引所の手数料、アプリの有無などの基本情報

フィスコ仮想通貨取引所
フィスコ仮想通貨取引所基本情報開設:2016年4月12日
親会社株式会社フィスコデジタルアセットサービス
CEO:越智直樹
金融庁の認可登録済
取り扱い通貨主要通貨
ビットコイン(BTC)
ビットコインキャッシュ(BCH)
モナコイン(MONA)
取り扱いトークン
FSCC/NCXC/CICC
手数料取引手数料:0%~0.3%
取引の種類現物取引所、現物販売
セキュリティ2段階認証、SSL認証、アカウントロック機能
アプリ有無有り

ファスコ仮想通貨取引所は親会社が上場企業である株式会社フィスコが運営しています。取り扱い仮想通貨は3種類と、トークンの3種類です。現物の取引所と販売所の両方を兼ね備えたサービス体制と上場企業が運営しているという安心感は初心者から上級者まで幅広く使用することができます。

フィスコ仮想通貨取引所のサービスは?

フィスコ取引所で提供している主なサービスは、現物の『取引所』と簡単に仮想通貨を購入できる『販売所』、そして仮想通貨の価格情報などを提供している『仮想通貨ナビ』の3つです。ここでは、それぞれについて詳しく説明していきます。

フィスコ仮想通貨取引所の販売所

フィスコでは、仮想通貨を会社から直接購入できる『販売所』を設けています。直接購入できる仮想通貨は、ビットコイン(BTC)とモナコイン(MONA)の2通貨のみです。販売所を使用した購入は簡単ですが、スプレッド(売り買いの差額)が高いので購入する際は注意が必要です。

フィスコ仮想通貨取引所の取引所

フィスコでは直接ユーザー同士で仮想通貨を取引できる『取引所』も設けています。特徴的な点として、自社が発行している企業トークンを取引できる点が有ります。

フィスコでは、自社で発行しているフィスココイン(FSCC)とグループ会社であるネクスグループとカイカが発行しているネクスコイン(NCXC)、カイカコイン(CICC)の3種類のトークンを取引することが可能です。企業トークンに関しては後ほど詳しく説明します。

ビットコイン、モナコインに関しては手数料無料で取引が可能ですが、残りの通貨に関しては最大0.3%の手数料が発生します。

フィスコ仮想通貨取引所が運営する『仮想通貨ナビ』とは?

フィスココインでは、スマホで簡単に仮想通貨の価格を確認したり、仮想通貨関連のニュースをチェックできるアプリを提供しています。

iOS、Android両方のOSに対応しており、誰でもダウンロードすることが可能です。ウォレットサービスや取引をアプリから行うことはできないため、あくまで情報確認アプリという位置付けになります。

企業トークン「フィスココイン」とは?

フィスコ仮想通貨取引所で取引ができるフィスコトークンは自社で発行しているトークンと説明しましたが、これはカウンターパーティー(XCP)というビットコインのブロックチェーンを基盤として動く仮想通貨を使用したトークンです。

企業トークンはそれぞれの企業が発行する商品と交換することも可能です。これらの企業トークンは株式会社フィスコの株主に2回に分けて配布されました。