ビットコインの購入手数料が安い取引所は?

ビットコインの購入手数料が安い取引所は?

国内取引所の取引手数料の紹介

日本国内では、2017年10月から仮想通貨や暗号通貨の取引所、販売所を運用するために財務省の認可が必要となりました。

海外取引所とやりとりする場合はこの認可は関係ありませんが、国内取引所を利用する場合はこの認可を受けているかどうかが重要となりますので、今回は既に認可を受けている取引所の取引手数料をご紹介します。

ビットフライヤーの取引手数料

ビットフライヤーは、日本国内で認可済みの取引所、販売所を運用している会社です。

みずほ銀行やSMBC、三井住友海上キャピタルなどの大手金融系企業が株主となっており、信頼性の高さから人気があります。

ビットコインの取引手数料については、売買するコインの価格によって変化し、10万円未満なら0.15%、20万円未満が0.14%と、取引価格が大きくなるに従って手数料が安くなる仕組みです。

また、販売所での売買については当面無料となっていますので、手数料はかかりません。

ビットフライヤーで口座を開設する>>

コインチェックの取引手数料

※2018年1月26日にコインチェックがハッキング被害にあいました。詳しくは下記の記事をご覧ください。

コインチェックは、2012年に設立された仮想通貨や暗号通貨の取引を行う会社です。

ビットコイン以外にもイーサリアムやジーキャッシュ、モネロなどの複数の暗号通貨に対応していることが特徴で、様々な仮想通貨の売買を行いたいという方に人気となっています。

ビットコインの取引手数料は、2017年10月現在無料キャンペーンが実施されており、終了期限はまだ決まっていません。

手数料無料キャンペーンが終了する際には2週間前に告知されるそうですので、現状でできるだけ手数料が安い取引所をお探しならコインチェックがおすすめです。

ただ、コインチェックは取引所のみとなっていますので、販売所も利用したい場合には別途販売所に登録する必要があります。

コインチェックで口座を開設する>>

GMOコインの取引手数料

GMOコインは、お名前.COMなどのサービスを運営している大手IT企業、GMOが設立した仮想通貨の販売所です。

ビットコインやビットコインキャッシュの販売所ですので、他暗号通貨の売買や、仮想通貨の取引は行えませんが、手数料無しで取引できるため、手持ちのビットコインを売却したい場合や新しく購入したい場合におすすめです。

また、GMOコインでは、取引用口座への日本円またはビットコインの入金や銀行口座またはウォレットへの出金についても手数料が無料となっています。

販売所でビットコインを取引する際に手数料で資産が目減りするのを避けたいという方は、GMOコインを利用すると良いでしょう。

Zaifの取引手数料

Zaifはビットコイン以外に、日本で作られた仮想通貨「モナコイン」の取引や売買が行える会社です。

取引手数料に特徴があり、ビットコインと日本円の取引、モナコインとビットコインの取引、モナコインと日本円の取引手数料は-0.01%と、取引を行うだけでボーナスがもらえる仕組みとなっています。

ただ、このボーナスは1取引あたり最大200円までとなっており、売買の際に価格差があまり無い場合は対象外となるため、ボーナス狙いで取引を行う際には注意が必要です。

対象外となった場合でも基本的に取引手数料は無料ですので、お得に仮想通貨の取引を行いたいという方におすすめとなっています。

Zaifで口座を開設する>>

海外取引所を使用する場合の手数料と注意点

海外取引所を用いてビットコインなどの仮想通貨や暗号通貨をやりとりする場合、ドルでの決済となるため、ドル円相場なども考慮する必要があります。

また、法定通貨を入金する場合には海外入金手数料がかかり、国内で入金を行う場合より手数料が割高になる点も注意が必要です。

取引所ではビットコインを送金して売買を行うこともできるため、ビットコインをお持ちの場合、入金手数料はかかりませんが、ビットコインの取引だけを考えた場合、海外取引所を使うメリットはありません。

国内取引所で取り扱いのない仮想通貨に投資する場合は海外取引所を利用するしかありませんが、国内取引所で扱いのある通貨を取引するなら、信頼性、手数料の面から国内取引所を利用した方が良いでしょう。

ビットコインを取引するならどのサービスがおすすめ?

手数料だけを見た場合、販売所ならGMOコイン、取引ならコインチェックがおすすめです。

しかし、1つのアカウントでビットコインの購入、売却、取引まで全て行いたい場合には、両方のサービスを行っているZaifやビットフライヤーを選ぶと良いでしょう。

ビットコインの取引や購入、売却の際には、取引所や販売所ごとに法定通貨や仮想通貨を入金する手間がかかります。

どちらのサービスにも対応した会社に口座を作っておけば、出金などの手間がかかりません。

手数料が安いのもビットコインで投資を行う際には重要なポイントではありますが、暗号通貨は値動きが激しいため、できるだけ速く対応できるかどうかも重要です。

自分の投資スタイルに合わせて、取引手数料ができるだけ安いサービスを選ぶか、使いやすいサービスを選ぶかよく考えて登録すると良いでしょう。