仮想通貨取引にはどんな手数料がある?

仮想通貨取引に関連する手数料は3つ!

ビットコインやアルトコインを取引する際には、取引所と取引を行う販売所と、個人間で売買を行う取引所とがあり、利用の際には、さまざまな手数料がかかります。

この手数料は、銀行口座と仮想通貨取引所間の口座で日本円を入出金する場合や、仮想通貨を売買する場合、そして仮想通貨を取引所の口座からウォレットや他の取引所などに送金する場合に必要です。

手数料の額については取引所や販売所を運営している仮想通貨取引所によって大きく変わるため、ビットコインやアルトコインの売買を行う際には取引所選びも重要なポイントとなります。

また、銀行からの入金については銀行に手数料を払うことになりますので、銀行振込やPay-easyなど、入金方法によって手数料が変わることについても注意しておきましょう。

仮想通貨の売買手数料は主に3つ!

取引所での売買を行う際に必要な手数料は、売買の方法によっても変わり、3種類の手数料が設定されています。

1つめの手数料は取引板を利用して個人間で仮想通貨の売買を行う場合に必要となる手数料で、取引の際に購入する仮想通貨の量に合わせて計算される仕組みです。

2つめの手数料は取引所が所有している仮想通貨を購入する場合や取引所に手持ちの仮想通貨を売却する場合に必要となる手数料で、こちらについても低額ではなく取引数量によって手数料が計算されます。

3つめはクレジットカード決済でビットコインを購入する際に必要となるもので、他の取引方法と同じく販売数量ごとに手数料が計算される場合と、あらかじめ販売価格に手数料が含まれる場合とがあるため、注意が必要です。

どの手数料についても、ビットコインや取り扱っているアルトコインごとに手数料の額が細かく分けられていますので、取引を行う際には手数料がどのぐらい必要となるかあらかじめ確認しておきましょう。

取引所と販売所の手数料はどう違うのか?

仮想通貨の取引の際には取引所や販売所を利用しますが、売買手数料については取引所の方が高く、販売所では売買手数料が無料だったり、比較的安く設定されたりしています。

これは、仮想通貨取引所を運営している事業者の利益がどこから得られているかが理由で、個人間売買では手数料収入から、販売所での売買では売買差益によって利益を得ているためです。

そのため、一見すると手数料が無料となる販売所で売買を行った方が手数料を安く抑えることができるため、よりお得に取引が行えるように思えます。

しかし、販売所では売買差益で利益を出すため、個人間売買に比べて買取額を安く、販売額を高く設定しています。これをスプレッドと呼びます。手数料がかかっても個人間売買の方がお得に取引を行うことができるでしょう。

ただ、取引所を利用した個人間売買では、どうしても需要と供給によって購入できる仮想通貨の量や売却できる仮想通貨の量が変わり、目的とする量の取引が行えないこともあります。

販売所なら事業者との取引ですので、個人間売買の場合と違い、予定通りの数量で取引を行うことができるでしょう。

手数料や取引価格などは取引所や販売所によって大きく変わってきますので、目的に合わせて使い分けると便利です。

アルトコインの手数料は?

ビットコイン以外の仮想通貨銘柄のことをアルトコインと呼びますが、2018年2月現在、アルトコインの個人間売買が行える取引所はあまり多くはありません。

アルトコインを取り扱っている場合も事業者との売買となる販売所のみの扱いとなっていることが多いため、ビットコインと同じように取引所でアルトコインを売買したいという場合には事業者選びが重要となるでしょう。

また、取引手数料についてもアルトコインごとに違った額が設定されていることが多いため、複数の種類の仮想通貨を取引したいという場合は注意が必要です。

2018年2月現在、国内で金融庁の認可を受けた取引所では、「ビットバンク」がアルトコインの個人間売買を得意としています。

ビットバンクではビットコイン、リップル、ライトコイン、イーサリアム、モナコイン、ビットコインクラシックの取引に対応しており、取引手数料も無料となっているため、できる限り手数料を抑えたいという方におすすめです。

ビットバンクで口座を開設する>>アルトコインの手数料は?

取引所ごとの手数料を一覧で比較!

以下のページでは、取引所の手数料をコインごとに比較しています。自分の取引したい通貨がお得に取引できる取引所を選びましょう。

手数料の税金はどう計算するの?

仮想通貨取引を現金化するときに気になるのが、手数料の税金処理です。以下のページでは、仮想通貨取引に関わる税金を解説していますので、参考にしてみてください。