dApps(ダップス)とは?

dApps (ダップス)とは?dAppsの定義

dAppsとは、非中央集権型アプリケーションまたは分散型アプリケーション(Decentralized Apprications)の略です。

dAppsはブロックチェーン上に存在し、1つのコンピュータではなく、複数のコンピュータネットワークで行われるデジタルアプリケーション、もしくはプログラムです。
また、中央管理者の権限下に置かれていない状態を指します。

4つの特徴としては、

  • オープンソースであること:全ての人がアプリケーションのソースコードを利用できる
  • 分散型であること:仮想通貨技術のようなブッロクチェーン技術を使用している
  • インセンティブ:ユーザーのインセンティブとなるような仮想通貨トークンもしくはインターネット上の資産がアプリケーション内で使える
  • アルゴリズム、プロトコル:トークンを作り出し、組み込まれたコンセンサスメカニズムがある

 
が挙げられます。

dAppsの分類

ブロックチェーンのモデルに基づいたdAppsは、3つのカテゴリーに分類できます。

タイプ1:このタイプのdAppsは、ビットコインのように自身のブロックチェーンを持っています。
ビットコイン以外のアルトコインもまた、このカテゴリーに分類されます。

タイプ2:このタイプのdAppsは、タイプ1のdAppsのブロックチェーンを使用しています。
タイプ2のdAppsはタイプ1の機能を必要とするプロトコルやトークンです。

オムニプロトコルがタイプ2のdAppsの例の1つです。

タイプ3:このタイプのdAppsは、タイプ2のプロトコルを使用しています。

例として、SAFEネットワークは、分散ファイルストレージを構築するために使用されるSafeCoinを発行するためにオムニプロトコルを使用することが挙げられます。

dAppsのメリット

支払い過程:ユーザーからの資金を受け入れるためにStripeまたはPayPalと統合する必要はありません。すべてのユーザーは共通の支払い手段としてイーサリアムを送受信できます。

ユーザー資格情報:ユーザーはサインアップする必要はありません。彼らはすでにユーザー・セッションとメタデータを結びつける公開、もしくは秘密鍵であるアカウントを持っています。

データベース:ブロックチェーンに多くのデータを格納するのはコストが高いため、ブロックチェーンだけがアプリケーションの唯一のデータベースになるわけではありませんが、必要不可欠なデータをブロックチェーンに永遠に保存できます。

ログ:イーサリアムコントラクトは独自のログを作成することができます。dAppsは、別々のログを作成する必要がなく、過去に何が起きたかを知ることができます。

信頼性:フロントエンドコードはブラウザインスペクションツールを介して表示されるだけでなく、バ​​ックエンドロジックも検査できるので、ユーザーはコードを信頼することができます。コードにはすべての資金を盗むための裏口はありません。

dAppsのデメリット

アップデート:ネットワーク内のすべてのユーザーがノードソフトウェアを更新する必要があるため、バグを修正したり、アップデートしたりすることが難しい。

ユーザー識別機能:一部のアプリケーションでは、ユーザー識別情報(KYC)の検証が必要で、ユーザーIDを確認するための中央権限がないため、そのようなアプリケーションの開発が問題になります。

複雑なプロトコル:コンセンサスを達成するために非常に複雑なプロトコルを使用するため、構築が難しく、最初からスケールアップする必要があります。そのため、アイデアを実装してから、後でさらに機能を追加しようとしてスケールアップすることはできません。

従来のアプリケーションとの違い

従来のアプリケーションdApps
信頼性比較的低い非常に高い
ユーザーの金銭的インセンティブ無し有り
アップデート容易難しい
支払い過程クレジットカード等の認証が必要共通の支払い手段としてイーサリアムの送受信が可能

dAppsを用いたアプリケーション

dAppsを用いたアプリはまだ少ないですが、その中でもトランザクションの多いアプリを以下でご紹介いたします。

Crypto Kitties

Crypto Kitties(クリプトキティーズ)は、ブロックチェーン技術を基にしており、Axiom Zen氏によって開発された、さまざまなタイプのバーチャルネコを購入、収集、育成、販売することができるバーチャルゲームです。

これは、レクリエーションとゆっくりとした目的のためにブロックチェーン技術を導入するための初期の試みの1つです。

このゲームの人気は、2017年12月にイーサリアムのネットワークが混雑するほどで、取引は最高に達しました。

イーサエモン

イーサエモンは、ネットワーク上のイーサモンスターを育成、戦闘、進化、コレクションするゲームです。

ユーザ同士が戦ったり、取引などを行うと、EMONTと呼ばれるトークンを得ることができます。

Etheroll

このゲームは、1から99までの数字が記されたルーレットがあり、そのルーレットの数字よりも自身が選んだ数の方が大きければ勝ちというものです。

ここでは、掛け金(Etheroll上ではイーサリアム)だけでなく勝率も自分で選ぶことができます。

例えば、掛け金を自身で設定し、勝率を1%にしたり99%にしたりすることもできます。

ただし、勝率を上げれば上げるほどリターンが下がり、逆に勝率を下げれば下げるほどリターンは上がります。