仮想通貨の「スプレッド」とは?仮想通貨のスプレッド算出方法と取引所ごとのスプレッド比較

仮想通貨の取引をしているとスプレッドという言葉がよく出てきます。

man

「スプレッドってどういうもの?」

といった疑問を抱いている方に向けて、この記事ではスプレッドについて徹底解説しています。スプレッドは仮想通貨の取引をする上で非常に重要です。理解しておけば今後の仮想通貨取引に役立てることができます。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね!

この記事を読んでわかること

  • スプレッドの概要と仕組み
  • 販売所と取引所の違い
  • スプレッドが高くなる原因
  • スプレッドが狭いおすすめの取引所
  • 取引所を選ぶ際の注意点

スプレッドとは?

スプレッドとは?

スプレッドとは「買い」と「売り」の差額のことです。

たとえば、ある取引所Aではビットコインの「買い」の価格が40万円でした。また、売りの価格は「39万円」です。この場合、「40万円(買い)-39万円(売り)=1万円」となり、両方の差額は1万円となります。つまり、スプレッドが1万円であるということがわかります。

スプレッドが大きいと利益を出しづらい

具体的に、スプレッドが大きいとどのようなデメリットがあるのでしょうか。上記の例では、スプレッドが1万円となっています。もし、ビットコインを購入して、すぐに売ろうとすると、1万円の差額があるため、その分の損失が発生してしまいます。

このように、スプレッドとはその開きが大きければ大きいほど、利益を出しづらい仕組みとなっているのです。

特に短期でトレードする場合、頻繁に買いと売りの注文を行うので、スプレッドが大きければ、その分利益も小さくなる傾向にあります。

販売所か取引所かでも違う

仮想通貨の販売形式には、「販売所」と「取引所」の2種類の形式があります。

「販売所」では、その販売会社から直接仮想通貨を購入します。買いの金額も、売りの金額も、その販売会社が決めた金額で購入するため、こちらに価格の決定権はありません。

余計なことは考えずに簡単に売買ができるので、どちらかと言えば初心者の方におすすめなのが販売所です。

これに対して「取引所」では、取引板というものを使い、その取引所に登録しているユーザー同士が直接取引を行います。価格の決定も、ユーザー同士が直接行うため、お互いの注文内容が合致すれば、希望に合った価格で取引することが可能です。

若干取引が難しいので、初心者よりは中級者や上級者に向いているのが取引所です。

国内取引所の販売形式一覧表

国内取引所の販売形式を確認してみましょう。

販売所

  • GMOコイン(ビットコインのみ取引所でも購入可能)
  • DMM Bitcoin
  • bitFlyer(ビットコインのみ取引所でも購入可能)
  • coincheck

取引所

  • BITPoint
  • フィスコ仮想通貨取引所
  • Liquid
  • bitbank

上記の表でもわかるように、国内取引所では販売所も大きな割合を占めています。

GMOコインやDMMなどは親会社も有名なため、利用しているユーザーも多いのですが、取引形式は販売所なのです。また、使いやすいアプリで有名なcoincheckや、取引高も世界規模であるbitFlyerも販売所です。

販売所か取引所かは、登録する前に確認しておきましょう。その後の取引をより有利にすることができます。

スプレッド一覧表

販売形式と合わせてそれぞれの販売所や取引所のスプレッドも確認しておきましょう。

BITPoint(ビットポイント)

0.2%程度

bitbank(ビットバンク)

0.2%程度

フィスコ仮想通貨取引所

0.2%程度

GMOコイン(ジーエムオーコイン)

3〜7%程度

DMM Bitcoin(ディーエムエムビットコイン)

3〜7%程度

coincheck(コインチェック)

3〜10%程度

bitflyer(ビットフライヤー)

3〜7%程度

表からもわかるように、やはり取引所の方がスプレッドは低くなっています。こうした点からも、もしできるだけ安く仮想通貨を購入したいのであれば、スプレッドが狭い取引所を使った方が良いでしょう。

販売所の方がスプレッドが高い

スプレッドは「販売所」で高くなる傾向にあります。上記したように、「販売所」では販売会社が買いの価格も売りの価格も自由に決定することができます。

もしあなたが「販売所」を運営していれば、できるだけ価格差を大きくして、たくさん利益が出るようにしたいですよね。

販売所や取引所ごとにスプレッドは違うので、一概には言えませんが、一般的には、取引所ではスプレッドは0.1〜0.2%となっており、販売所では3〜7%となっています。

また、市場の状況によっては、販売所では10%以上のスプレッドが発生する場合もあります。10%のスプレッドとなると、100万円の取引であれば、10万円もスプレッドで持って行かれることになります。

このように、スプレッドは販売所で高くなる傾向があることを思えておきましょう。

取引手数料無料に注意

よく仮想通貨取引所の宣伝で、取引手数料無料を掲げているところがあります。しかし、実際には取引手数料が無料でない場合もあります。

上記で解説したように、販売所では販売会社が価格を自由に決定できます。そのため、取引手数料もこのスプレッドに含まれている場合もあるのです。スプレッドは手数料という扱いを受けないため、取引手数料無料と宣伝することができてしまいます。

よって、仮想通貨を購入するときは、取引手数料無料ということにだけ目を向けず、販売所か取引所かもしっかりと確認しておきましょう。

スプレッドが小さいおすすめの取引所TOP3

スプレッドが小さいおすすめの取引所TOP3

ここからはスプレッドが小さいおすすめの国内取引所TOP3を紹介していきたいと思います。スプレッドは基本的に高くて良いことは全くありません。

もしスプレッドの狭い取引所で仮想通貨を購入したいという方は、こちらの中から選ぶことをおすすめします。

第1位BITPoint(ビットポイント)

第1位はBITPoint(ビットポイント)です。あまり聞きなれない名前かもしれませんが、実は東証二部に上場している株式会社Remixpointという企業が運営しています。

同社は、仮想通貨取引所の事業だけでなく、電力事業なども行っており、事業基盤がしっかりとした企業です。そのため、信頼性や資金力はバツグンに高いと言えるでしょう。

リップルも購入できる

BITPointは取り扱い通貨も豊富です。ビットコインやイーサリアムなどの代表的な仮想通貨はもちろん、ライトコインや日本でも人気の高いリップルも取り扱っています。リップルを取引所で購入できるのは、非常に珍しく貴重なので、できるだけ費用を安く抑えてリップルを購入したい人にもおすすめです。

取引手数料無料

BITPointは取引所のため、スプレッドがもともと小さいのはもちろんですが、さらに取引手数料まで無料となっています。そのため、他の取引所と比較しても仮想通貨を安く購入することができます。

取引手数料は、0.2%程度が一般的です。数字だけ聞くと低いように感じるかもしれませんが、取引回数が重なれば、金額も大きくなっていきます。

こういった点からも、取引手数料無料で費用を安く抑えたい人には、BITPointは非常におすすめの取引所と言えるでしょう。

第2位bitbank(ビットバンク)

おすすめの取引所第1位はbitbank(ビットバンク)です。ビットバンクは高い流動性を提供することを目的としています。

上記で解説したように、取引所ではユーザー同士が直接取引を行います。買いの注文も売りの注文も、ユーザーが発注したものをもとに取引が成立しています。そのため、注文数が少ないと取引が成立しづらいというデメリットがあります。

これに対してbitbankでは、注文数を多くすることで仮想通貨の流動性を高め、注文が成立しやすい取引所を目指しているのです。

取り扱い通貨が豊富

ビットバンクは取り扱い通貨が豊富な点も特徴の1つです。ビットバンクでは以下の銘柄を取り扱っています。

ビットバンク取り扱い銘柄一覧

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • モナコイン(MONA)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)

上記がビットバンクの取り扱い銘柄の一覧です。特に注目すべきは、モナコインを取り扱っている点でしょう。モナコインは国産コインとして非常に人気の高いコインです。しかし、実際に取り扱っている取引所が少ないのが現状です。

そのため、モナコインを購入したいという人はビットバンクを使ってみることをおすすめします。

強力なセキュリティを持っている

ビットバンクでは、ブロックチェーンのセキュリティサービスを提供しているアメリカ企業のBitGo(ビットゴー)と提携しています。仮想通貨の保管には、外部のネットワークと完全に遮断されているコールドウォレットだけでなく、流動性を高めるためにホットウォレットも採用されています。

一般的にはホットウォレットは安全性が低いためセキュリティが弱いのですが、BitGoの高度なテクノロジーによってホットウォレットでも安全に仮想通貨が保管されています。

ビットバンクではこうした取り組みにより、通常の取引所よりもさらに仮想通貨のセキュリティがさらに強化されているのです。

第3位フィスコ仮想通貨取引所

おすすめの取引所第3位は、フィスコ仮想通貨取引所です。フィスコ仮想通貨取引所の運営企業は、長年にわたって金融関係の情報を配信してきた株式会社フィスコです。

同社は自社メディアでの情報配信だけでなく、ヤフーなどの大手のメディアにも金融系の情報を提供しています。そのため、信頼性はバツグンということが言えるでしょう。

取引所なのでスプレッドも安く仮想通貨を購入することができます。

他にはない仮想通貨も取り扱っている

フィスコ仮想通貨取引所ではビットコイン以外にも、他にはない仮想通貨も取り扱っています。具体的には、以下のような銘柄を取り扱っています。

フィスコ仮想通貨取引所取扱い銘柄

  • ビットコイン(BTC)
  • モナコイン(MONA)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • フィスココイン(FSCC)
  • カイカコイン(CICC)
  • ネクスコイン(NCSX)

フィスココインは、フィスコ仮想通貨取引所で独自に発行しているコインです。フィスコが提供しているサービスを、このコインを使って利用することもできる、少し特殊なコインですね。

カイカコインやネクスコインも他の取引所ではなかなか取り扱っていない、おもしろい銘柄です。ちょっと変わったコインを買ってみたいなといった方にもフィスコはおすすめの取引所です。

取引高は少なめ

フィスコ仮想通貨取引所は、ユーザー数がまだ少なく、取引高は若干低めとなっています。取引所なのでスプレッドは狭いですが、注文数が少なく、場合によっては約定までに長い時間がかかることもあるでしょう。よって、この点はデメリットと言えます。

国内取引所のZaif(ザイフ)を買収

フィスコは2018年9月に、国内取引所のZaif(ザイフ)を買収しています。ザイフは仮想通貨の大規模なハッキング被害を受けて、数十億円の損害を出しています。

しかし、フィスコの買収によって、その被害額は補填されました。このことからもわかるように、フィスコは信頼性だけでなく、資金力も高い取引所ということができます。

以上、スプレッドが小さいおすすめの取引所について解説してきました。

取引所を選ぶ際の注意点

取引所を選ぶ際の注意点

ここからは仮想通貨取引所を選ぶ際の注意点を解説していきます。取引所だからといって安易に登録せず、注意点を理解した上で取引することをおすすめします。

セキュリティ確認は必須

仮想通貨取引所を選ぶ上で、セキュリティの確認は必ずしておきましょう。特に資産管理にコールドウォレットを採用しているかどうかは、必須項目です。

コールドウォレットとは?

外部のネットワークから完全に遮断されたウォレットのことです。仮想通貨の出し入れに手間がかかる反面、ハッキングに強いという特徴を持っています。

国内取引所では2018年だけでも2回のハッキング事件が起きています。被害額を合計すると100億円以上になり、どれほど大規模な事件かよくわかるでしょう。

そして、この2回のハッキング事件では、どちらもネットワークと繋がっているホットウォレットで仮想通貨を保管していました。これがハッキングを受けたもっとも重要な原因となっています。

こうした点を踏まえて、仮想通貨の保管管理にはコールドウォレットを採用している、セキュリティの強い取引所を選ぶことをおすすめします。

取引所の信頼性も確認しよう!

仮想通貨取引をする際には、その取引所の信頼性を確認することは大事なポイントの1つです。たとえどれほど魅力的なサービスを提供していても、その取引所自体の信頼性が低ければ、どんなトラブルが起こるかわかりません。

仮想通貨の世界は詐欺が非常に多いのが現状です。それは仮想通貨自体だけでなく、販売する取引所も同様です。自分の大切な資産を預けるところが、実は詐欺だったなんてことになったら、たまったもんじゃありません。

こういったことからも、運営企業の確認や、資本金の確認などは、登録前にしっかりと行っておきましょう。

海外取引所を使うのもアリ!

もし国内取引所で自分が使いたい取引所がなければ、海外取引所を使ってみても良いでしょう。海外取引所では国内取引所よりも取扱い銘柄が多いのが特徴です。さまざまな銘柄を使って取引できるため、国内取引所よりも仮想通貨トレードを楽しむことができます。

また、海外取引所では販売所はほとんどありません。ほとんどが取引所での取引のため、仮想通貨をお得に購入することができます。また、取引高も多いため、スプレッドもさらに狭くなっています。

もちろん海外取引所を使う際にも、セキュリティの確認と、信頼性の確認は必須です。気になる方はぜひ使ってみてくださいね。

スプレッドは安いに越したことはない

スプレッドは安いに越したことはない

以上、仮想通貨のスプレッドについて解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。基本的にスプレッドは安いに越したことはありません。高くてもメリットがある点は正直1つもありません。

また、ここまでで解説してきたように、取引手数料無料のところでも、スプレッドが大きいことで、かえってこちらが損をしてしまうこともありえます。

こうした点を踏まえて、仮想通貨の購入の際にはできるだけスプレッドの大きい販売所よりは、取引所を使うと良いでしょう。ぜひこの記事を参考にして、仮想通貨取引を楽しんでみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です