ビットコインパズルゲームが流行している!

Montecrypto:The Bitcoin Enigmaの誕生

“Montecrypto:The Bitcoin Enigma”は、”The Legend of Satoshi Nakamoto”に続く新しいゲームです。後者のゲームは2015年に考案されたものですが、最近になってそのアートワーク調で複雑なゲームが攻略されたと、新たな注目を集めました。

攻略した人は$50,000相当のビットコインと追加のビットコイン、ビットコインキャッシュやその他のコインを手にしました。

Montecrypto:The Bitcoin Enigmaは24つものパズルからなる新しいパズルシリーズで、1BTC(約120万,2018年2月18日現在)を賞金として掲げていますが、謎解きを試みようとする新しい探偵(プレイヤー)を増やすのには十分すぎる報酬です。

Gem Rose Collectiveによって開発され、2018年2月20日に開始されるこのゲームでは、プレイヤーはヒントを途中で残したり、他人を遅らせることができます。The Bitcoin Enigma RPGの空気、壮大な建物、めまぐるしい数の階段と通路の奇妙な描写があります。

ゲームの最も注目すべき点はそのビジュアルではなく、セオリーです。プレイヤーは24個のパズルを解決するために一緒に働くのか、それとも一人で行くのかを決断し、ライバル達を先導する痕跡を残すことで挑戦しようとします。

パズルのためのゲーム

ゲームのセオリーといった点では、MontecryptoはNeon Districtといくつかの類似点を持ちます。これは、”The Legend of Nakamoto Satoshi”を作った同じアーティストによって開発されました。

その開発者は「cypherpunkのethosや仮想通貨の遊び心のあるアプリケーション、ステガノグラフィを使ったパズルの作成と解決に対する興味、ハッカーの心理、cypherpunkとsteampunkのジャンル、夜のフクロウのゲームやプログラミングの古典的なカードゲームやロールプレイングゲームによって感銘を受けた」と話しています。

Neon DistrictはEthereumベースのゲームで、Metamaskブラウザのウォレットを使用してプレイすることができますが、Montecryptoは入場料が$1.99というロトゲームによく似ています。

しかし、無作為ではなく、狡猾さ、戦略、パズル解決など、成功は習得につながります。挑戦を解決するために必要なものがあると信じているプレイヤーは、プロジェクトのFAQページを調べ、最初の手がかりの1つが存在すると信じられているGithub(ソース管理ツール)をのぞいてみると良いでしょう。

ゲームの開発者たちはSatoshi Nakamotoのように、今のところ自分たちのことを明かしてはいないものの、次のように述べています。

「宝探しの巨大なファンとして、私たちはラ・ホーリーテッド(黄金のフクロウ)のような謎ときから感銘を受けた。

フクロウの像が埋葬された1993年と同時に一連の手がかりが公開されたが、依然としてフクロウを見つけて金銀の15kg(33lb)の像が要求できる手がかりを解決した者はいなかった。」

このように、ゲーム開発者たちが、このパズルゲームを攻略困難なものに作成したことを示唆しているわけですが、このパズルを解くのはあなたかもしれない!そしてビットコインを得られるかも!?

ビットコインはゲームの商品とされるようにもなってきています。

ゲームのリンク