ビットコインや他の仮想通貨価格は今後どうなる?

ビットコインのニュース

これまでのビットコインや他の仮想通貨価格の推移は?

ビットコインの価格は、上昇を続けており仮想通貨市場全体にプラスの影響を与えています。

ビットコインは、2月17日から18日にかけて、ビットコインは2018年1月以来初めて11,000ドル(117万円、以降1ドル106.8円換算)を上回りました。そして、2月19日も引き続き上昇を続けました。

ビットコインは2018年2月初めに記録された6,000ドル(64万円)という低水準から回復し、CoinMarketCapによると2018年2月20日現在では11,186ドル(119万円)で取引されています。また他の主要な仮想通貨価格も上昇を続けています。

CoinMarketCapが示しているように、世界第二位の仮想通貨であるイーサリアムは、1,000ドル(10.6万円)の水準に近づいており、2018年2月20日現在は940ドル(10万円)ほどです。

この急増は、今月5億2000万ドル(53兆円)を記録した全体仮想通貨市場にプラスの影響を与えました。

これからの仮想通貨市場はどうなる?

アナリストによると、仮想通貨のレート価格の低下は各国が決定した仮想通貨の禁止が原因で、2018年の始めに一時低下しました。

JPモルガン、シティグループ、バンク・オブ・アメリカを含むいくつかの主要銀行は、仮想通貨の購入にクレジットカードを使用することを禁止し、最近韓国は危険と判断した仮想通貨取引の口座を禁止しました。また、米国当局は、作為的にビットコイン価格を引き上げているという噂(テザー問題)の調査を開始しています。

仮想通貨の重要市場である韓国では、トレーダーが完全な禁止を懸念していましたが、規制当局は仮想通貨運用を可能にするようです。韓国最大のメディアであるHanKyoRehによると、今年2018年1月中旬以来、仮想通貨の需要は急増しています。

アナリストは、ビットコインの勢いは継続すると予測しています。

ビットコインに詳しいウォールストリートのストラテジスト、トム・リー氏は今年中にもビットコインが2万5,000ドル(267万円)に達すると述べました。Saxo Bankのアナリスト、ケイ・ヴァン・ピーターセン氏は、10万ドル(1068万円)に達すると考えています。

S&P Global Ratingsの最新のレポートは、金融市場が崩壊する可能性が低いように、投資家は仮想通貨市場の崩壊を恐れる必要はないとしています。

S&P Global Ratingsの金融機関セクターにいるMohamed Damak氏は、「仮想通貨の成功は、投資家に信頼をもたらしたり規制を強化したりする、世界中の国の規制当局と政策を立案する人々の方針に大きく左右されるだろう。」としています。