2018年においてブロックチェーン技術を応用した企業

2018年におけるブロックチェーン技術

現時点で、仮想通貨とブロックチェーン技術は、もはや将来の概念ではありません。

ここ2、3年だけで、さまざまな業界の多くの企業によって開発・実行されてきました。

仮想通貨とブロックチェーンは、世界のビジネス方法から不動産プロセスの処理方法まであらゆるものに革命を起こしています。

ブロックチェーン技術は、トランザクションを安全かつ時系列順に記録する分散型のデジタル台帳です。

これらの取引の台帳は誰でも利用できるようにすることができますが、一度記録すると取引を変更または変更することはできません。

これにより、ブロックチェーンは安全で、アクセスしやすく、透明性が高くなり、さまざまな方法で使用できます。

1つの例としては、契約を自動的に維持し、プロセス全体をスムーズにするために使用できることです。

一方の仮想通貨企業は、特定の業界でどのように動作するかに革命を起こすために単純に働いていますが、また一方の企業は世界を変えようとしています。

ミュアフィールド投資パートナー

ミュアフィールド投資パートナーは、顧客に柔軟で創造的かつスケーラブルな資本ソリューションを提供するために

「すべての不動産サブセクターにおける付加価値と楽観的な投資に重点を置いています」

と述べています。

彼らは資本構造全体に投資し、合弁事業、一般および限定パートナー、優先株式および過渡的株式を提供します。

彼らは一貫して、リスクを縮小し、大きな利益をもたらすユニークな投資機会を生み出すことができます。

仮想通貨とブロックチェーンは、この会社の原動力の1つであり、スケーラブルで安全です。

SECURRENCY

金融業界には間違いなく改善の余地があり、Securrencyはその要求を満たすために働いています。

彼らは「ブロックチェーン技術、支払いゲートウェイ、およびセキュリティフレームワークの最近の進歩に伴い、従来の筋痛サービスと統合させることで、より安全で効率的で透明性の高い金融サービス」を提供しています。

投資家やポートフォリオ・マネージャーにサービスや仮想通貨、トークンを提供します。

投資家は、本人が投資する資格がある取引のみを表示する完全な準拠のプラットフォームであるSecurrencyのプラットフォームを通じて、あらゆる形態の価値を即座に譲渡できるというメリットを享受することができます。

また、彼らは、投資家が何年もロックされている資本を持つのではなく、資本へのアクセスを簡単にしました。

ポートフォリオマネージャーは、従来のモデルが費やすコストのほんの一部で資産を保護するためにSecurrencyを使用することができます。

Securrencyは、ポートフォリオマネージャーが資産の部分的な証券化を行い、流動性を保証することさえ可能にしました。

つまり、ポートフォリオマネージャーは、基になる資産を売却せずに必要な資本を得ることができます。

彼らはまた、世界中の投資家から資本を調達できるようにすることによって、ポートフォリオマネージャーが潜在的な投資家のネットワークを拡大するのを助けます。

イニシャル・コイン・オファリング(ICO)を開始しようとする者は、ICOの便宜のために必要な資本を引き上げないように、法令遵守と規制コストを抑えることがあります。

Securrencyプラットフォームは、対象となる参加者のみがICOにアクセスできるようにすることで、自動的にこれらの課題を克服します。

最後に

仮想通貨とブロックチェーン技術は、かつては実際に利用可能なものというよりは概念であると考えられていましたが、今やこのような企業のおかげで世界はより良く変わりつつあります。

ブロックチェーン技術は他にどのような変化をもたらすでしょうか?